遊人的日常生活
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PROFILE
profilephoto
音楽とサッカーとお酒をこよなく愛す気のいいおっちゃん、そしてベーシスト。Ex. John brief。 ライブ、レコーディング参加アーティスト 寺岡呼人、daily echo、GRAPEVINE、玉木宏、FTK&K、柳田久美子、B.F.I その他諸々。
<< 旅後編 | main | ツアー2016 >>
初南半球!
category: - | author: kanetoann
 久しぶりに海外旅行に行ってきた。行き先はオーストラリアのブリスベン。某マネージャーと某モジャキーボーディストとアラフィフおっさん三人旅。

この旅が決まったのは出発の約10日前。おっさんは瞬発力で勝負である。


出発はキンキンに冷えた朝だった。成田空港は薄ら雪景色。あっちはまだ夏。寒い分期待も高まるというものである。映画3本と仮眠で過ごすこと10時間、メルボルンで数時間乗り換え待ち、さらに国内線で2時間、やっと到着、、、あの長旅も書いてしまえばたった三行なんだな、、、。


ブリスベン到着は朝8時半、鉄道で市街地に向かうも朝早過ぎてチェックインも出来ないとのことでカフェで朝食&ビール。一息ついて昼前にやっとチェックイン。チェックイン後昼時のカフェでワインで乾杯。周りは近くのオフィスで働く人達。当然店でかなり浮いた存在になっていたな。が、とにかく到着の乾杯だけは許してもらうということで(笑)


仮眠で移動疲れを振り払って夕方ブリスベンぶらり散歩。

我々の間では仙台の商店街に似ていることから国分町と呼ばれていたQueen St

Brisbane River

川と坂と橋と明るい照明のある街。好印象である。

夜はきっちりステーキ&ワイン。モリモリガブガブ。やっぱり肉は厚みと噛み応えがないとな。久しぶりの男飯。美味かった!

その後クラシカルなBARで一杯飲んで部屋に戻る。飲みっ放しで長い初日終了。


旅気分が一番強く感じられるのは実は一泊目の朝起きた瞬間なんだと思う。熟睡し目が覚めた時襲ってくる「あれ、ここどこ?」感。明らかに違う空気、匂い。そうだオーストラリアだ!ってなるのに数秒かかる。この数秒こそが心地いい。


外は快晴、気温28度。2日目は鉄道とバスを乗り継いでゴールドコースト方面に向かう。向かった先はブロードビーチ。視界に納めるのが不可能な程の海、浜辺、空。砂浜に腰を下ろしてただまったりするだけの幸せな時間。何も必要としない贅沢。心から満喫した。


心を満たした後は胃袋を満たしに向かう。

エビの向こうに牡蠣、牡蠣の向こうにイカ、イカの向こうにカニ、カニの向こうにエビ。奇しくもこの日はひな祭り。彦摩呂風に言えばシーフードの五段飾りや〜ってな感じ。ちょっとプリン体取り過ぎたな。美味かった!この後目に焼き付いたゴールドコーストを思い浮かべながらやや飲み過ぎて一日終了。


しかしよく眠れる。やや二日酔いとはいえ朝起きたときの気分がいい。水をがぶ飲みしてカフェでコーヒーをがぶ飲みしてシャキッとする。

この日向かったのはLone Pine Koala Sanctuary。世界最大のコアラ園である。ミーハー気分でコアラに会いに行ってきた。おっさんでもコアラは可愛いのである。とにかくコアラ&コアラ。そこかしこにコアラ。飼育員がコアラを抱いてすれ違っていく。コアラだけでなくカンガルー、エミューが放し飼いになっていてベンチに座った足下には大きなトカゲらしきものがじーっとしている。なんだここは!?オーモーシーレー!!我ながらこんなに楽しめるとは!


動物とのふれあいで上がったテンションをホテルで少し冷まして夜はこの旅のクライマックスのSufjan Stevensのライブに向かう。向かったのはQueensland Performing Arts Centre。略してQPAC、劇場、パフォーマンス会場、ライブホールなんかが集まった芸術の複合施設らしい。その中のコンサートホールでのライブ。実はこのライブを観るに至った経緯は俺に限っては実に後付けで俺にとってSufjanは映画のサントラなんかの中で数曲知っているのと数枚付け焼刃的に頭に詰め込んだに過ぎないものだった。サウンドの素晴らしさを知るには充分であったが思い入れという部分ではそこまではないといいうのが正直なところだった。が、しかしである。この思い入れやそんな前情報を仕入れていない分そのインパクトは絶大だった。息苦しくなる程の緊張感、繊細な音色、精神的な静寂感と躍動。卓越したバンドアンサンブル。その中を彷徨うメロディ。視覚的なインパクト。完璧なパッケージショーであるとともに、Sufjanの確固たるバックボーンが垣間見えるものだった。面食らったな。たぶんこの人じゃないとダメな歌なんだな。素晴らしかった、、、ビンビンに刺激をうけた夜だった。

キャパといい天井の高さといい居心地といい気持ちいいホールでした


余韻に浸りながらこの日終了、のつもりがその余韻に加え12時回るとモジャが誕生日というので乾杯、さらに大関が日本アカデミー賞最優秀編集賞獲得ということでさらに乾杯!この日も結局飲み過ぎた。これにてブリスベン最終日終了。


翌日、朝は7時にチェックアウト。一路メルボルンに向かう。ここからメルボルンとクアラルンプールを経由して帰るわけだがここから先はまた気が向いた時ということで。


久しぶりに重い腰を上げての旅だったわけだが、やっぱり行ってみないと何も始まらない。フットワークは軽めで生きたいものである。気分も酒量も刺激も満点の旅だったな。 
ということでブリスベン、俺等の街に認定されました。
comments(5) | - | PAGE TOP↑
コアラ、がっぷりヨツ(笑)
by みうき (2016/03/10 12:28 PM)
勲氏がマメにツイートしてたので、金戸さんはブログかな?と思って待っていました!
いいなあ、早よ続報も!
by いーちゃん (2016/03/11 1:43 AM)
そ、それはもしかしてアカカンガルーでしょうか?!魚介グルメもいいですね…涎。BABEL×2はHeavenlyが好きでそればっかりリピしてます。UNOMIはやっぱり名曲ですねー。
by y (2016/03/12 11:59 AM)
楽しそうーーー!南半球最高ですね〜
最近は小さい子がいるので夜中にブログやDVDを見て楽しんだり、休日に旦那にちびを公園に連れていってもらってる間に窓を開けて大音量でBABELを聴きながら掃除するのが精一杯の娯楽です(^^;;
暖かくなったら、野外で子連れで行けるようなゆるーいライブでも開催していただけないでしょうか…ハハハ
by s (2016/03/19 12:52 AM)
カフェで朝食&ビールって最高ですね笑!!いや〜、お酒好きには堪らないブログです!!僕も一度そういう旅をやってみたいです(*^-^*)憧れです!!いよいよ4月からはまた旅が始まりますね!!お身体には気を付けて楽しい旅になる事を心から願っております!!
by まさ (2016/03/19 10:34 PM)






LIVE
"B.F.I.LIVE
2014年11月28(金)@下北沢CLUB251
CLUB251 AUTUMN THANKS PEST『FUYU/MACHI感謝祭』
LIVE! BABY! LIVE!
出演 The SOS/B.F.I./菅原龍平/Hasta La Vista Babies
18:30 open 19:00 start
adv.2500円 day 3000円
251店頭、LAWSON、e+にてチケット発売中
金やん、Qちゃんの大感謝祭
……………………..
...........................
grapevine live
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
SEARCH